ダンゴムシのFX日記

勝てるようになってきたダンゴムシ

トレンドラインは活殺ライン、イヤイヤダンスにご用心

こんにちは
今日は暖かいですね、
エアコンの調子が悪く勝手に止まったり動いたりしてます
日記の題名のようにイヤイヤダンスを始めちゃいまして
チョット困っております


さてさてトレンドラインをトレードに活用されている方は
多いと思いますが
トレンドラインに助けられたり裏切られたりしてませんか?
トレンドラインブレイクしてエントリーした途端逆行損切とか
永遠にレンジにつかまった挙句損切とか良くありますよね
こんな経験をするとトレンドラインなんか要らね~~~~
って感じになると思いますが
上手に使うととても大きな力を発揮してくれますよ


<トレンドライン活用失敗の要因>
まずトレンドライン1つの時間軸
つまり貴方のトレードする時間軸だけに引いてませんか?
これは正直負けやすいですよ
もう1つ2つ上の時間軸のトレンドラインを引いてチャートを
大きく観ないと勝率は上がらないようですね
自分の引いたトレンドラインの下に1つ上の時間軸の
トレンドラインがあったりネックラインや
ラス押しのラインがあった場合どうなるでしょう
時間軸は大きいほうが強い場合のほうが多いので
損切になる可能性は高いと思います
またトレンドライン直下に1つ上の時間足の
MAやSMAがあったりした場合も
一気に切り返されてしまったりすることが多いようですね


画像はドル円15分足
オレンジのラインが4時間のトレンドライン
赤がそれぞれ上のトリプルトップとブレイク後の三尊ネックライン
白は4時間ラス押し

1 のブレイクでショートは一番せっかちさんのエントリー
2のっショートはブレイクしたあとトレンドラインへの
戻りを待ってエントリーですので教科書通りのエントリーと言えますね
3のエントリーはブレイクしたあとレンジが出来るのを待って
レンジブレイクからですので慎重な方のエントリーと言えます


ではなぜ上げる?
チャートに絶対の答えは無いのですが上位足のチャートやチャネルを
加えて見るとなんとなく答えが出てくるのではないでしょうか?
日足、4時間のチャートを見て見ましょう


1の水色のラインが日足のトレンドライン
2がトレンドラインチャネル
3ラス押しっぽいけどまだわかりません
4ここは多分最終防衛ラインかな?

と言うことで日足のトレーダはまだまだ上目線
1時間のトレーダーもにとっては白いラインは押し目買い候補で
ロングを狙っていると思われます
ダウ理論を基本に考えればトレンドはサインがでるまで継続する
と言うことなので、上位足から見たら15分足足チャートでのショートは逆張り
そして逆張りは負けやすい
故に負けてしまったと言うことではないでしょうか
たとえ4時間足のトレンドラインをブレイクしても
上位足のトレーダーの目線になれば
まだ売りは危険だと言うことが想像できますね


トレンドラインをブレイクしても大きい足でダウ転換していない
又は下に強いラインがあるなどの場合はトレンドラインと
水平線やMA,SMAとの間で
上に行くのも嫌、下に行くのも嫌どっちにも行きたくないと
イヤイヤダンス(レンジ)を始めることが多く
そして大きな時間軸の方向にブレイクすることが多いようです
しかしトレンドラインをブレイクしてすぐエントリーする
トレーダーが多いようでトレンドライン付近では
多くのポジションが狩られてしまうみたいですね
故に「トレンドラインは活殺ライン」と私は呼んでいます
トレンドラインと水平線なのどとの間のエリアを「ゾンビゾーン」
そしてレンジの事を「イヤイヤダンス」「ゾンビダンス」
と呼んでいます


最後に15分足チャートをもう一度見て見ましょう
実は上に上がるサインが隠れているんですよ

前の日記でも紹介したウォルフ波動を形成していたんですね
憎たらしい事にトレンドライン割れてから三尊を形成してるので
気が付かないトレーダーは多かったと思います
故にターゲットラインぶち抜きでかっ飛んでいきましたね
トレンドライン割れ、ゾンビゾーンでイヤイヤダンスには
くれぐれも用心してくださいね


それではまた