ダンゴムシのFX日記

勝てるようになってきたダンゴムシ

ドル円1時間足での勝負ポイント

先のブログでドル円が時間足を落とせば
勝負出来る形だったといいましたので説明させていただきます
どこに形作ってんだよと言われそうなのでチャートで説明しますね

形とはウォルフ波動です
しかしこのウォルフ3点目がヒゲで抜かれてるんです
故にルールを違反してまで勝負することができませんでしたね
ブログをみてくださってる方達のなかには
1hでトレードしている方もいると思うので
少し私なりの解説をしてみたいと思います


勝負ポント1
教科書通りウェッジ抜けの押し目ポイントになります
逆指値の位置はウォルフ5点目の下
利確最大目標はウォルフターゲットライン
最小目標はウォルフ4点目、その次が2点目ですね
最小目標でもリワード1対1以上あるので1hでトレード
されてる方は充分勝負出来ると思います


勝負ポイント2
ちょっとリスクが大きいのですが
上のレンジのネックライン上に逆指値買いをいれて
ブレイク狙いとなります損切は113.77
最大利確目標はウォルフターゲットライン
最小目標は114.029
こちらもリワード的にはOKですね
勝負ポイント2の利点としては114.029とネックラインからの逆張りS軍
の逆指値が溜っていると思われるので
抜ければ巻き込んで上げるだろうと予測ができますね
シナリオ通りにならなければ4hトレンドラインまでの
下落の可能性があるので即撤退損切となります


最後にウォルフ波動についてですが
ネットで調べると7割の確率で波動が発動するとか書かれていますが
そもそもウォルフ波動を発見するのが難しく
ウォルフの失敗については誰も気が付かない事が多いようです
私はなぜか色々なチャートパターンを発見イメージするのに長けているようで
ウォルフを発見すると必ず勝負していましたが
7割の確率は大袈裟なようです


それではまた